運営チームへのデモについて

知らなかったのですけれど、運営チームに対する大々的なデモがあったようです。

a0068733_10322813.jpg


BOTを取り締まるのも、不正を取り締まるのも現実の人がしていること。
ではなぜ運営チームの会社のあるビルの前で座り込みやデモ行進を行わないのでしょうか。
結局はゲーム内というお手軽に誰でもすることのできる環境で、実際の運営チームの顔色を見ることなくひとりよがりしているだけなのではないでしょうか。
「BOT、ツール、中華」というラグナロク史の古から共存・共生してきたアンチテーゼをスローガンに、ゲームに繋ぐことで社会につながっていると勘違いしている廃プレイヤーをかき集めることは容易なことです。
結局は行動力がなく自ら考えることを放棄した社会逸脱者のかき集めでしかないこのデモに、ニュースなどのメディアに訴えるものはなく、運営チームからのメッセージという形で一言で終わってしまいましたね。

運営チームに八つ当たりすることしかすることのなくなった彼らは、文化的な社会生活を送ることを捨てた上に、さらに純粋にゲームを楽しむことすら捨ててしまったのでしょうか。


最近は書き物をすることばっかり。ROも別の楽しみ方をしています。その下準備中ですね。
[PR]
by kuromames | 2006-06-03 10:44 | RO 日記
<< ボット復活のようです わけあって >>