アモン狩りから再開

アモン狩り再開
a0068733_0283138.jpg


最近は付与が面倒くさくなって、ヘルファイアでごまかしてたりします。
これといってロゼッタくらいしかでませんですけれど。

---




ちょっと話は変わりまして、最近「資産はいくら持ってるの?」という質問をよく受けます。
ここではっきりと言えることは、私の総資産は10MZenyもありません。
そこに「あなたの持っているポールアクスやレアカードを売れば200M くらいいくのではないですか?」と言われますけれど、たしかに200Mくらい行くかもしれません。
でもそれはZenyではありません。ただの物であって、その価値を認める人たちにしか価値を生み出さないのです。それに比べて、Zenyはそれ自体が価値があるものであり、Ro内のどんな人たちにも万物共通の価値を生み出します。
Roの世界には固定資産というものはありません。固定資産が固定資産であるためにはその普遍性が必要なわけですが、Roの世界にはありません。
Roの世界では資産は「Zeny」しかありません。ボスレアカードですら、需要がなければ価値は0Zenyです。

例えば、
出現確率が関数で3%と固定された超ボスレアcがあるとします。それが売値1Gで購買されることが保障されているとします。
それに対して、その超ボスレアcを露店に出したときに、2000人が見たときにそれが1Gで購買される確率が3%とします。
前者はこれからRoのサービスが終了するまで24時間ボスを狩り続けたとしても3%の確率で1Gが手に入ります。
後者は既にボスレアcつまり物となった資産を手にしていて、3%の確率で1Gが手に入ります。
ところが、皆は前者の将来手に入るであろう1GZenyに対しては「1GZenyの資産あります」とは言いません。
それに対して、後者は購買されなくても「1GZeny(相当の物を)持っている」と言い張る傾向があります。
両者とも1GZenyを手に入れれる確率は3%であって、それを共に「1GZeny持っている」と言えるでしょうか。言えないのではないでしょうか。
ここで経済学ではそうは考えないとかどうのこうのという議論はできないと思います。そもそもRo内で経済学を専攻した方はおられないと思いますし。Zenyと資産の関係についての一つの私の考え方です。

ペノメナcを5枚も出しても1枚も40Mで売れず、目の前の深淵の騎士cが買えずに他人に買われ、指をくわえながら、本当に「資産」とは何だろうかと思ったことはありませんか。

手持ちの物を売ったとしたときの概算で1Gの資産があると思いながら、Zenyは100Mしかなくて、800Mで落札されたゴーストリングcの競売に参加すらできなかったことはありませんか。


Ro内では、「資産」とは、「今すぐ使えるお金」と同義だと私は考えます。つまり、キャラステータスに表示されているZenyの数字そのものです。現実でいうと「キャッシュフロー」になるのではないでしょうか。

1Gのボスレアcを持っていて、借金が200M Zenyあるとして、Zeny表示は1Zenyという状況では、白ポーション1個すら買えないでしょう。倉庫からボスレアcを出すことすらできないでしょう。黒字なはずなのに何もできない悲壮感が漂いませんか。いわゆる「黒字倒産」状態です。

現金と物の価値を同列もしくは物を持っていることの満足感から現金の価値を見失いかけてはいないでしょうか。
[PR]
by kuromames | 2006-07-01 01:26 | RO ボス
<< 不正対策への努力、怠慢のイメー... 新生活 >>